対韓国、「丁寧な無視が一番」=小野寺前防衛相が内情講演

政治・外交

自民党安全保障調査会長を務める小野寺五典前防衛相は10日、東京都内で開かれた内外情勢調査会で講演し、韓国艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題や韓国人元徴用工問題などに触れた上で、「文在寅政権の間に日韓関係が良くなることは想定しづらい。丁寧な無視が一番ではないか」との認識を示した。

小野寺氏は、「あまりお互い(批判を)言い合うと感情的になり、もう一回仲良くしようというときにしこりが残る」とも指摘。「政権が代わる中で理性的な判断ができるようになれば、ウィンウィンの関係になる」と語った。

内外情勢調査会で講演する自民党の小野寺五典前防衛相=10日午後、東京都港区内外情勢調査会で講演する自民党の小野寺五典前防衛相=10日午後、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 東北 秋田県 秋田市 韓国