安倍首相、同日選見送り=支持堅調でリスク回避-参院選、来月21日投開票

政治・外交

安倍晋三首相は夏の参院選に合わせて衆院解散・総選挙に踏み切る衆参同日選を見送る方針を固めた。内閣支持率が堅調に推移する中、参院選単独でも与党が優位に立つと判断。衆院での議席減のリスクを回避する思惑もある。10月の消費税率10%への引き上げは「リーマン・ショック級の出来事」が起きない限り、予定通り実施する。

複数の政権幹部が10日、明らかにした。政府・与党は既に26日までの通常国会の会期を延長しない方針を決めている。会期内の衆院解散も見送られることで、参院選は公職選挙法の規定により「7月4日公示-21日投開票」の日程で行われる。

参院決算委員会に臨む安倍晋三首相(中央)=10日午後、国会内参院決算委員会に臨む安倍晋三首相(中央)=10日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 選挙 大阪市