5月の中古車販売、2カ月ぶり減

経済・ビジネス

日本自動車販売協会連合会が12日発表した5月の中古車販売台数(軽自動車除く)は、前年同月比4.6%減の30万239台と2カ月ぶりに前年実績を下回った。好調だった前年の反動が出た。

内訳は、乗用車が3.6%減の26万2901台。このうち普通乗用車が0.4%減の14万7575台で、不振が続く小型乗用車は7.3%減となり、全体を押し下げた。貨物車は11.8%減の3万179台。一方、バスは7.7%増の1205台だった。

販売台数は、中古車の新規登録、所有権移転に伴う名義変更、使用者名の変更登録の合計。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など