ロウハニ大統領、対米強硬姿勢崩さず=安倍首相「武力衝突回避を」-日イラン首脳

政治・外交

【テヘラン時事】安倍晋三首相は12日、イランのロウハニ大統領とテヘランのサーダーバード宮殿で会談した。共同記者発表で首相は米イラン間の対立激化による中東情勢の緊迫化に関し「何としても武力衝突は避ける必要がある」と緊張緩和を促した。ロウハニ氏は「米国との戦争は求めないが、イランに対する戦争には厳しい答えを出す」と述べ、米国を強くけん制した。

13日に首相は最高指導者ハメネイ師とも会談する。

ロウハニ氏は「地域の緊張の原因は米国の経済戦争にある。経済戦争が終われば安定確保が実現される」と強調。緊張を高めているのは、あくまでイランへの経済制裁を強める米国側だと主張した。

首相は「緊張緩和に向け、日本としてできる限りの役割を果たしたい」と述べた。ただ、米国とイランの対話への直接の言及はなかった。

両首脳はシリアやイエメンを含む地域情勢についても意見交換した。首相は「中東の平和と安定を確固たるものとする上で、イランが建設的な役割を果たすことが不可欠だ」と訴えた。

両首脳はまた、イラン核合意を維持する重要性で一致。首相は「イランが引き続き核合意を順守することを期待する」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 イラン 米国