仏ルノー会長、日産への影響力拡大意欲=FCA協議に含み

経済・ビジネス

【パリ時事】フランス自動車大手ルノーのスナール会長は12日の株主総会で、日産自動車による企業統治改革案の採決を棄権する理由について「(経営監視のために)日産が設置する委員会に(ルノーの)ボロレ最高経営責任者(CEO)が入っていない」と述べた。株主を前に、日産への影響力拡大に意欲を示した。日産は25日に同議案などを討議する株主総会を開く。

スナール会長は、日産が委員会に入るよう要請してきたと説明。ルノーの同様の委員会には日産の代表者が参加しているとし、「(自身とボロレCEOの)2人とも委員会に席を持てれば(改革案を)支持してもいい」と語った。

株主からは、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との経営統合協議が破談に終わったことへの質問も相次いだ。スナール会長はFCAによる統合案の撤回に関して、「非常に残念だ」と指摘。他方で、「将来どうなるかは分からない」とも語り、協議の再開に含みを持たせた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 提携・合併・買収 フランス 米国