飲酒時のドローン操縦禁止=改正航空法が成立

政治・外交

飲酒時のドローン(小型無人機)の操縦を禁止する改正航空法が13日の衆院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。飲酒などで正常に飛行させることができない恐れがある状態で操縦した場合、1年以下の懲役または30万円以下の罰金を科す。今秋にも施行される見通しだ。

200グラム以上のドローンが対象で、操縦前の点検を怠ったり、急降下など危険な操縦を行ったりした場合、50万円以下の罰金を科すことも規定した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 法案