エアバス「A350」到着=最新鋭機、羽田に-日航

経済・ビジネス

日本航空が国内初導入した欧州航空大手エアバス社製の最新鋭機「A350」が14日朝、羽田空港(東京都大田区)に到着した。9月から羽田-福岡路線で運航を開始する。

羽田に到着したのはA350-900型機。仏トゥールーズを現地時間の13日に出発していた。座席数は計369席で、日航は18機を導入。より座席数の多いA350-1000型機も13機調達する。

日本航空が国内初導入し、羽田空港に到着したエアバス社製最新鋭機A350―900型機=14日午前、東京都大田区日本航空が国内初導入し、羽田空港に到着したエアバス社製最新鋭機A350―900型機=14日午前、東京都大田区

羽田空港に到着したエアバス社製「A350」と写真に納まる日本航空社員ら=14日午前、東京都大田区羽田空港に到着したエアバス社製「A350」と写真に納まる日本航空社員ら=14日午前、東京都大田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 東京都 九州