日米首脳、中東情勢で連携=安倍首相、タンカー攻撃「断固非難」

政治・外交

安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と電話で約30分間会談し、先のイラン訪問を踏まえ、同国を含む中東の情勢に引き続き緊密に連携して対処していく方針を確認した。首相はホルムズ海峡近くで日本の会社が運航するタンカーなど2隻が攻撃されたことに対し、記者団に「いかなる者が攻撃したにせよ断固非難する」と強調した。

首相は事前に預かったトランプ氏のメッセージをイラン側に伝えたと説明。最高指導者のハメネイ師が「核兵器を製造も保有も使用もしない」と述べたことなどイラン側の反応も紹介したもようだ。トランプ氏は首相のイラン訪問に謝意を表明した。

タンカー攻撃について、トランプ氏はイランの犯行だと明言しているが、首相は記者団に、攻撃主体は明確にせず「全ての関係国が、不測の事態が発生することのないようしっかり自制し、緊張を高めるような行為は厳に慎むべきだ」と訴えた。

首相は、イラン問題について「互いの複雑な国民感情など、緊張緩和に向けた道のりには大変な困難が伴う」と指摘。その上で「地域の平和と安定、世界の繁栄のため、今後とも国際社会と緊密に連携を重ねながら努力を重ねていきたい」と述べた。

日米両首脳は今月下旬に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議の成功に向けて協力することでも一致。首相はこの日が73歳の誕生日のトランプ氏に祝意を伝え、トランプ氏は感謝を示した。

トランプ米大統領との電話会談を終え、取材に応じる安倍晋三首相=14日夜、東京・永田町の首相公邸トランプ米大統領との電話会談を終え、取材に応じる安倍晋三首相=14日夜、東京・永田町の首相公邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 イラン 米国