交番襲撃、拳銃奪われる=都内30代男の逮捕状請求へ-26歳巡査重体・大阪

社会

16日午前5時40分ごろ、大阪府吹田市千里山霧が丘の府警吹田署千里山交番前の路上で「警官が血を流して倒れている」と、近くの駅員から110番があった。同交番勤務の古瀬鈴之佑巡査(26)が包丁で胸などを刺され意識不明の重体となり、刺した男は拳銃1丁を奪って逃走した。府警は吹田署に捜査本部を設置。東京都内在住の30代の男が関与したとみて、強盗殺人未遂容疑で逮捕状を請求する方針を固めた。

捜査本部によると、事件前に空き巣被害を訴える虚偽の110番があり、交番の警察官2人が急行。古瀬巡査は1人残った際に襲われたとみられ、計画的な犯行の可能性がある。交番の防犯カメラに不審な男が映っており、土地勘がある30代の男とみて行方を追っている。

石田高久府警本部長は同署で取材に応じ、「拳銃を奪取されたことは極めて残念。不審人物を見掛けたら通報をお願いしたい」と話した。

交番は阪急千里線千里山駅前のロータリーに面し、当時3人が勤務。古瀬巡査は左胸など7カ所を刺されて交番前の駐輪スペースで倒れていた。包丁は刃渡り約15センチで、防刃チョッキの脇から刺された傷は肺を貫通して心臓に達していた。拳銃は回転式で実弾5発が入っており、つりひもの留め金具が外されていた。

交番の防犯カメラには午前4時15分~同5時ごろ、不審な男が行き来する様子が映っていた。

事件前の同5時半ごろには、公衆電話から男の声で「家に帰ると室内が荒らされていた」と110番があり、交番の男性巡査部長(44)と男性巡査長(33)が、バイクで近くのアパートに急行。古瀬巡査も遅れて向かおうとしたところ、交番前で襲われたとみられる。

電話は隣の関大前駅構内からかけられていたが、実際に被害はなく、アパートの住人は事件と無関係だった。捜査本部は駅の防犯カメラなどを詳しく調べている。

路上で警察官が刺され、拳銃を奪われた大阪府警吹田警察署の千里山交番=16日午前、大阪府吹田市路上で警察官が刺され、拳銃を奪われた大阪府警吹田警察署の千里山交番=16日午前、大阪府吹田市

大阪府吹田市の交番で男性巡査が襲撃された事件で、直前に交番の防犯カメラに映った不審な男の画像=16日午前4時15分ごろ撮影(大阪府警提供)大阪府吹田市の交番で男性巡査が襲撃された事件で、直前に交番の防犯カメラに映った不審な男の画像=16日午前4時15分ごろ撮影(大阪府警提供)

警察官が刺され拳銃を奪われた事件で、付近の道路を調べる大阪府警の捜査員ら=16日午前、大阪府豊中市警察官が刺され拳銃を奪われた事件で、付近の道路を調べる大阪府警の捜査員ら=16日午前、大阪府豊中市

交番襲撃事件で、直前に虚偽の110番があった阪急関大前駅ホームの公衆電話を調べる大阪府警の捜査員=16日午前、大阪府吹田市交番襲撃事件で、直前に虚偽の110番があった阪急関大前駅ホームの公衆電話を調べる大阪府警の捜査員=16日午前、大阪府吹田市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 警察・治安