上皇后さま、右目の白内障手術=都内の病院で、23日に左目も

社会

上皇后さまは16日午後、東京都内の病院で右目の白内障手術を受けられた。手術は無事終了し、病院関係者に謝意を示したという。同日夕にお住まいの皇居・吹上仙洞御所に戻った。23日には左目の手術を受ける。

宮内庁によると、上皇后さまは数年前から物が見えにくくなり、ここ1、2年は症状が進み手術が必要な状況となったが、上皇さまの退位前は日程が確保できなかった。上皇后さまの意向を踏まえ、退位に伴う一連の儀式を全て終えた後での手術が決まった。

上皇后さまは16日午前10時半ごろ、車で都内の病院に入った。医師はもう少し遅れれば難しい手術になったと話したという。午後4時半ごろ病院を後にした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室