結婚願望も6割婚活せず=未婚理由「適当な相手なし」最多-少子化白書

社会 政治・外交

政府は18日の閣議で、2019年版「少子化社会対策白書」を決定した。白書は結婚に関する意識調査の結果を紹介。結婚願望のある未婚の男女に理由を尋ねたところ「適当な相手に巡り会わない」との回答が最多となった。一方で、相手を探すための婚活をしていない人は約6割に上った。

調査は18年12月7~18日、インターネットで実施。このうち結婚を望む20~40代の男女に限定した調査(3980人が回答)で、結婚していない理由を尋ねたところ「適当な相手に巡り会わない」が最多の46.8%で、「結婚資金が足りない」(26.6%)「異性とうまく付き合えない」(24.0%)が続いた。

適当な相手に巡り会わないとした人のうち61・4%は、相手を探すための行動を「特に何も起こしていない」と回答。20代男性に限るとその割合は7割を超えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 その他政策(社会面向け)