ピエール瀧被告に猶予判決=「常習的、安易に薬物」-コカイン使用事件・東京地裁

社会 文化

コカインを使用したとして、麻薬取締法違反罪に問われたミュージシャンで俳優だったピエール瀧(本名瀧正則)被告(52)の判決が18日、東京地裁であった。小野裕信裁判官は「ストレス解消のため、安易に違法薬物に頼った」と述べ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。瀧被告は判決後、「大変申し訳ございませんでした」などとするコメントを出した。

小野裁判官は、瀧被告が20代から薬物を使用し、直近5~6年は知人女性からコカインを購入していたと指摘。「音楽を聴きながら一人で使用した。依存症には該当しないが、常習的だ」と非難する一方、「治療プログラムを受け、違法薬物を絶つと誓約した」と執行猶予を付けた理由を述べた。

瀧被告は5日の初公判で、「ミュージシャンとして業界に入ったが、役者といった多様な仕事が舞い込むようになり、私生活が圧迫されていった」とコカインを始めた経緯を語っていた。

判決によると、瀧被告は3月12日ごろ、東京都世田谷区のマンション一室で、筒状に丸めた1000円札で鼻からコカイン若干量を吸引した。

瀧被告は1989年からバンド「電気グルーヴ」のメンバーとして活躍。俳優としてもNHK大河ドラマ「いだてん」に出演するなどしていたが、事件を受け、所属事務所にマネジメント契約を解除された。

ピエール瀧被告ピエール瀧被告

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 裁判 東京都