麻生氏「3000万円も不適切」=老後資金の金融庁試算-参院委

政治・外交 暮らし

麻生太郎金融相は18日、参院財政金融委員会に出席し、老後資金として年金以外に30年間で「1500万~3000万円必要だ」と金融庁が示した試算について、「誤解を招くものであれば、(2000万円が必要だと試算した金融庁審議会の報告書と)同様に不適切だ」と述べた。立憲民主党の蓮舫参院幹事長への答弁。

麻生氏は「途中経過の文書で、金融庁の公文書にはなっていない」と釈明。その上で「この資料を基にして政策を検討することは考えていない」と強調した。

2000万円問題をめぐり、麻生氏は「金融庁の対応は説明や配慮に欠いた(もので、)誤解や不安を感じさせたのが一番の問題だ」と指摘。蓮舫氏に「責任を役人に押し付けている」と詰め寄られると、「役人だけに責任を押しつける考え方はない」と語ったが、自身の責任については言及しなかった。

一方、金融庁の三井秀範企画市場局長は同委で、「(報告書は)公的年金だけでは老後30年で2000万円不足するかのように説明し、著しい誤解や不安を与えた」と謝罪した。

参院財政金融委員会で立憲民主党の蓮舫幹事長の質問を聞く麻生太郎金融相=18日午後、国会内参院財政金融委員会で立憲民主党の蓮舫幹事長の質問を聞く麻生太郎金融相=18日午後、国会内

参院財政金融委員会で答弁する金融庁の三井秀範企画市場局長(左端)。左から3人目は麻生太郎金融相=18日午後、国会内参院財政金融委員会で答弁する金融庁の三井秀範企画市場局長(左端)。左から3人目は麻生太郎金融相=18日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (経済)年金・医療・社会保障政策 暮らし