虐待家庭への児相介入強化=親の体罰禁止明記-改正法が成立

政治・外交

児童相談所(児相)の機能強化などを盛り込んだ改正児童虐待防止関連法が、19日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。児相について、虐待が疑われる家庭から子どもを一時保護するなどして引き離す「介入」と、保護者を支援する機能を明確に分けたことなどが柱。虐待による幼い子どもの犠牲を防ぐため、親の体罰禁止も明記した。

改正法のうち介入と支援の分離、体罰禁止の部分は2020年4月に施行する。

児相には介入と保護者支援の機能がある。職員が保護者との関係を考慮するあまり、虐待を受けたかもしれない子どもの保護にちゅうちょし、適切に対応できないケースが問題視されていた。このため改正法では、二つの機能は別々の職員が担うと定めた。

また、子どもの意思が尊重されるよう、保護する際は、本人が職員に意見を述べる機会を確保することについて今後検討する。

改正児童虐待防止関連法が可決、成立した参院本会議=19日午前、国会内改正児童虐待防止関連法が可決、成立した参院本会議=19日午前、国会内

参院本会議で改正児童虐待防止関連法が可決、成立し、一礼する根本匠厚生労働相(右手前)=19日午前、国会内参院本会議で改正児童虐待防止関連法が可決、成立し、一礼する根本匠厚生労働相(右手前)=19日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 法案