「甲武信」エコパーク決定=国内10カ所に-ユネスコ

社会

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は19日、パリで開催した会合で、自然と人間社会の共生を図るエコパーク(生物圏保存地域)に「甲武信(こぶし)」(埼玉、東京、山梨、長野)を登録すると決定した。文部科学省が発表した。国内のエコパークは計10カ所となる。

甲武信は、4都県12市町村の19万603ヘクタール。甲武信ケ岳や金峰山など標高2000メートル級の山々が連なる奥秩父主稜を中心に、これを源流とする荒川や多摩川などの周辺地域で構成する。希少種のチョウ類など貴重な生態系が保全され、山岳・神社信仰にまつわる多様な文化が残るとされる。

エコパーク登録が決まった甲武信ケ岳(山梨県提供)エコパーク登録が決まった甲武信ケ岳(山梨県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然