衆院解散「頭の片隅にもない」=野党、老後資金2000万円追及-安倍首相党首討論

政治・外交

安倍晋三首相と野党党首による今国会初の党首討論が19日、行われた。今国会中に衆院解散・総選挙に踏み切る意向はあるか、日本維新の会の片山虎之助共同代表が問うたのに対し、首相は「解散という言葉は頭の片隅にもない」と表明。野党から内閣不信任決議案や首相問責決議案が出された際の対応については、「この後、どのように展開していくかは予測できない」と述べるにとどめた。一方、主要野党は老後資金2000万円問題で首相を追及した。

党首討論の開催は昨年6月以来、約1年ぶり。片山氏への答弁で、首相はいったん「解散という言葉は頭の片隅にはない」と含みを残す表現をしたが、「頭の片隅にもない」と2回言い直した。

立憲民主党の枝野幸男代表は、老後資金として公的年金以外に2000万円必要だと試算した金融庁審議会の報告書をめぐる安倍政権の対応について「(年金制度の)安心ばかり強調し、多くの有権者が抱える不安に向き合っていない」と批判。麻生太郎金融相が報告書の受け取りを拒否したことを「見たくない事実はなかったことにしてごまかす姿勢」と断じた。医療や介護などの自己負担額に上限を設ける「総合合算制度」の早期導入も求めた。

これに対し、首相は報告書により「大きな誤解が生じた」と指摘。現行の年金制度について「現実と向き合いながら改正を行っている」と述べた。また、首相は「民主党政権時代の約10倍、運用益は出ている」と年金財政の安定をアピールし、議論は平行線をたどった。

党首討論で発言する安倍晋三首相=19日午後、国会内党首討論で発言する安倍晋三首相=19日午後、国会内

党首討論に臨む日本維新の会の片山虎之助共同代表=19日午後、国会内党首討論に臨む日本維新の会の片山虎之助共同代表=19日午後、国会内

党首討論で質問する立憲民主党の枝野幸男代表=19日午後、国会内党首討論で質問する立憲民主党の枝野幸男代表=19日午後、国会内

党首討論に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表=19日午後、国会内党首討論に臨む国民民主党の玉木雄一郎代表=19日午後、国会内

党首討論に臨む共産党の志位和夫委員長=19日午後、国会内党首討論に臨む共産党の志位和夫委員長=19日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 政府・内閣 国会 政局