麻生氏問責案を提出=参院予算委員長解任案も-野党

政治・外交

立憲民主、国民民主、共産、社民各党などは20日午前、麻生太郎財務相兼金融相の問責決議案、金子原二郎参院予算委員長(自民)の解任決議案をそれぞれ参院に提出した。予算委員長解任案には日本維新の会も提出に加わった。両決議案は21日の参院本会議で採決され、与党の反対多数で否決される見通しだ。

野党は26日の会期末をにらみ、衆院で内閣不信任案、参院で安倍晋三首相問責案の提出も検討する。立憲の芝博一参院国対委員長は麻生氏問責案などの提出後、記者団に「第1段階であり、この二つで終わりではない」と強調した。

20日提出の決議案は、麻生氏について学校法人「森友学園」との国有地取引に関する財務省文書改ざんの責任や、「老後資金2000万円」の金融庁報告書の受け取り拒否などを理由として列挙。金子氏については野党による委員会開催要求に応じなかったことを指弾している。

麻生太郎財務相の問責決議案などを提出した後、記者団の取材に応じる立憲民主党の芝博一参院国対委員長=20日午前、国会内麻生太郎財務相の問責決議案などを提出した後、記者団の取材に応じる立憲民主党の芝博一参院国対委員長=20日午前、国会内

麻生太郎 財務相兼金融相麻生太郎 財務相兼金融相

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政局 政党