ラグビーのトヨタ選手を逮捕=コカイン所持容疑、否認-愛知県警

社会

コカインを所持したとして、愛知県警は20日、麻薬取締法違反容疑でラグビー・トップリーグのトヨタ自動車に所属する同社社員、樺島亮太容疑者(28)=同県豊田市聖心町=を逮捕した。「覚えがない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は4月10日ごろ、豊田市内のタクシー車内でコカイン約1グラムを所持した疑い。

県警薬物銃器対策課によると、同月12日にタクシー会社の社員が交番に拾得物として届け出た財布に、樺島容疑者の運転免許証などとともに、透明のポリ袋に入った白色の粉末があった。鑑定の結果、粉末はコカインと確認された。

トップリーグの公式サイトなどによると、樺島容疑者は福岡県出身で、筑波大から2013年、トヨタに加入。18-19年の昨シーズンは、スタンドオフなどとして公式戦4試合に出場した。

チームは「皆さまにはご迷惑をお掛けして申し訳ありません」とコメントした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 東海