5月コンビニ売上高、1.7%増=気温高く、アイスなど好調

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した5月のコンビニエンスストア既存店売上高は、前年同月比1.7%増の8669億円と7カ月連続でプラスとなった。好天による気温の上昇や大型連休の行楽需要に支えられ、アイスクリームや飲料、冷やし麺などが好調だった。

たばこは昨年10月の増税後に落ち込んだが、足元は回復基調。弁当などの「中食(なかしょく)」や、冷凍食品の売れ行きも良かった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース