必要なら各国当局と協力=為替動向を注視-政府・日銀

経済・ビジネス 政治・外交

財務省と金融庁、日銀は21日夕、円高の進行を受け、金融市場動向に関する意見交換会合を財務省内で臨時開催した。浅川雅嗣財務官は会合後、記者団に「為替の過度な変動は経済、金融市場にとって良くない。必要なときは各国の当局と協力し合う」と強調。その上で「さらに必要なときは先進7カ国(G7)、20カ国・地域(G20)の合意に従い適切に行動する」と述べた。

21日の東京外国為替市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が先に年内利下げの可能性を示唆したことを背景に、1ドル=107円台前半まで円高が進んだ。

3者会合では、米中貿易摩擦や米国の金融政策、中東の地政学リスクが円高の背景にあることを確認。浅川氏は「為替・金融市場にやや神経質な動きが見られた」と指摘。「緊張感を持って注視する」と語った。

財務省と金融庁、日銀が臨時開催した金融市場動向に関する意見交換会合に出席した浅川雅嗣財務官(左から2人目)ら=21日、財務省財務省と金融庁、日銀が臨時開催した金融市場動向に関する意見交換会合に出席した浅川雅嗣財務官(左から2人目)ら=21日、財務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 金融政策