アイコス広告で措置命令=値引き「期間限定」はうそ-消費者庁

政治・外交

加熱式たばこ「アイコス」の広告で、「期間限定」とうたった値引きは虚偽だとして、消費者庁は21日、たばこ販売大手フィリップモリスジャパン(東京都千代田区)に対し、景品表示法違反(有利誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。

対象となったのは、アイコスの「バージョン2.4」など2種類の広告。同社は全国にあるコンビニのレジ横で、パンフレットの配布などをしていた。

消費者庁によると、同社は2015年9月~18年5月、パンフレットなどに「会員登録すれば4600円OFF」「キャンペーン期間10月31日まで」などと記載。値引きについて期間限定をうたっていたが、実際は継続して行われていた。

消費者庁が景品表示法違反で措置命令を出した加熱式たばこ「アイコス」=21日午後、東京都千代田区消費者庁が景品表示法違反で措置命令を出した加熱式たばこ「アイコス」=21日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他政策(社会面向け) 東京都