戦後74年、沖縄慰霊の日=犠牲者追悼、平和誓い新た-知事は辺野古移設批判

社会

沖縄は23日、太平洋戦争末期の地上戦の犠牲者を追悼する「慰霊の日」を迎えた。74年前の沖縄戦で最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では、県主催の「沖縄全戦没者追悼式」が開かれ、平和への誓いを新たにした。

令和初となる追悼式には、安倍晋三首相や衆参両院議長ら約5100人が出席。正午には犠牲者の冥福を祈り、参列者が約1分間の黙とうをささげた。

式典では、昨年就任した玉城デニー知事が初めての平和宣言を行い、一部はウチナーグチ(沖縄の方言)と英語で表明。「平和を希求する沖縄のチムグクル(真心)を世界に発信するとともに、平和の大切さを正しく次世代に伝えていくことで、国際社会と恒久平和の実現に貢献する」と誓った。

また、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う2月の県民投票で反対が多数を占めたことに言及。「結果を無視し工事を強行する政府の対応は、民意を尊重せず地方自治をないがしろにするものだ」と批判し、移設断念と対話による解決を求めた。

首相はあいさつで、米軍基地返還に伴う跡地利用を促進するとした上で、「基地負担軽減に全力を尽くし、沖縄の振興を前に進めていく」と述べた。

糸満市立兼城小6年の山内玲奈さん(11)が自作の詩「本当の幸せ」を朗読。平和祈念資料館(糸満市)で感じたことを踏まえ、戦争のない日常の尊さと恒久平和の決意を訴えた。

74年前の6月23日は、国内最大の地上戦となった沖縄戦で組織的戦闘が終結した日とされる。犠牲者名を刻んだ平和祈念公園内の「平和の礎(いしじ)」には、今年新たに42人が追加され、刻銘者数は計24万1566人となった。

「平和の礎(いしじ)」を訪れ、戦争の犠牲者を悼む人たち=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園「平和の礎(いしじ)」を訪れ、戦争の犠牲者を悼む人たち=23日午前、沖縄県糸満市の平和祈念公園

沖縄全戦没者追悼式で平和宣言を読み上げる沖縄県の玉城デニー知事=23日午後、同県糸満市の平和祈念公園沖縄全戦没者追悼式で平和宣言を読み上げる沖縄県の玉城デニー知事=23日午後、同県糸満市の平和祈念公園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 沖縄