安倍首相問責案、午後に否決=野党、内閣不信任案あす提出へ-参院

政治・外交

参院は24日午後の本会議で、立憲民主党など主要野党が提出した安倍晋三首相に対する問責決議案を与党などの反対多数で否決する。野党は内閣不信任決議案も25日に衆院に提出する方針で、会期末を26日に控え、参院選をにらんだ与野党の攻防は最終局面を迎える。

主要野党は24日午前、国会内で幹事長・書記局長会談を開いた。立憲の福山哲郎氏は内閣不信任案を提出する方針を伝え、国民民主、共産、社民各党と衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」はそれぞれ持ち帰った。一致して行動することは申し合わせた。

福山氏はこの後の記者会見で、「国民生活の状況、外交の姿勢を見ても、野党側の安倍政権に対する意思を明確にすべきだ」と指摘。25日に野党党首会談を開いて提出を決定したいとの意向を示した。

首相問責案は「国民、国会軽視の傲慢(ごうまん)極まる政治姿勢は、看過できないほど深刻な事態に達している」と首相を厳しく糾弾。「わが国の議会制民主主義は、戦後最大の危機にひんしている」と断じている。

会談に臨む立憲民主党の福山哲郎幹事長(中央)、共産党の小池晃書記局長(左から2人目)ら=24日午前、国会内会談に臨む立憲民主党の福山哲郎幹事長(中央)、共産党の小池晃書記局長(左から2人目)ら=24日午前、国会内

官邸に入る安倍晋三首相=24日午前、東京・永田町官邸に入る安倍晋三首相=24日午前、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 政局 政党