G20会場でドローン禁止=テロ防止へ厳戒態勢-政府

政治・外交

大阪市で28~29日に開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を目前に控え、政府は24日、主会場の国際展示場「インテックス大阪」など26施設の周辺をドローン(小型無人機)の飛行禁止区域に指定した。日本初開催のG20サミットを成功させるため、市内を中心に厳戒態勢を敷き、テロの未然防止に全力を挙げる。

飛行禁止区域の指定はドローン規制法に基づくもので、指定期間は27~30日。インテックス大阪(大阪市住之江区)に加え、夕食会会場の大阪迎賓館(同市中央区)、首脳らの宿泊先のホテル、関西国際空港(大阪府泉佐野市)、大阪国際空港(同豊中市)などの周辺でドローンの飛行を原則として禁じる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際会議 外交 大阪市