ホルムズに自衛隊派遣せず=情勢緊迫なら検討も-岩屋防衛相

岩屋毅防衛相は25日午前の閣議後の記者会見で、トランプ米大統領が日本などに中東ホルムズ海峡を通過する自国の石油タンカーは自国で守るべきだと主張したことに関し、「現時点でホルムズ海峡付近に部隊を派遣することは考えていない」と述べた。情勢が緊迫した場合については「また何か考える必要が出てくるだろう」と語り、派遣検討に含みを残した。

岩屋氏はソマリア沖アデン湾での海上自衛隊護衛艦などによる海賊対策活動が継続していることを説明し、「もし海賊がホルムズ海峡付近に頻発するということであれば、活動内容を考え直すことはあり得る」とも語った。

これに関し、菅義偉官房長官は会見で「米国をはじめ関係国と連携しつつ、緊張緩和と情勢の安定化に向けて外交努力を継続していきたい」と語り、米イラン間の対立が激化しないよう努める方針を強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース イラン 米国