三菱重、ボンバル小型機事業買収=保守・販売部門、590億円

経済・ビジネス

三菱重工業は25日、カナダの航空機大手ボンバルディアの小型機事業を買収すると発表した。航空機の保守や整備、販売部門などを約5億5000万ドル(約590億円)で取得する。ボンバル社の顧客サービス基盤を吸収し、グループで開発する国産初の小型ジェット旅客機の受注拡大につなげるのが狙いだ。

三菱重工はボンバル社が抱える約2億ドル(約210億円)の債務も引き受ける。製造部門は買収の対象外で、2020年6月までに一連の手続きを終える見通し。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収