母親に猶予付き有罪=「夫に迎合、暴力放置」-小4女児虐待死・千葉地裁

社会

千葉県野田市で1月、小学4年栗原心愛さん=当時(10)=が自宅浴室で死亡した虐待事件で、父勇一郎被告(41)の暴力を止めなかったなどとして、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)の判決が26日、千葉地裁であり、小池健治裁判長は「関与の程度は小さくない」として懲役2年6月、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。

小池裁判長は、勇一郎被告の暴力を認識しながら警察に通報せず、心愛さんを放置していたと指摘。「手を差し伸べられる唯一の監護者であり、助けを求められていたのに、家族の存続を考えて目を背け、夫に迎合していた」と非難した。一方、「精神的に脆弱(ぜいじゃく)で迎合的な性格な上、夫の圧力も相当で逆らうことができなかった。積極的に虐待を望んでいたとは言えない」と執行猶予を付けた理由を述べた。

なぎさ被告は白いシャツと黒いズボン姿で、真っすぐ前を向いて判決理由に聞き入った。言い渡し後、裁判長が「頼るべきはあなたしかいなかった。社会の中で心愛さんにしたことを振り返って反省してください」と諭すと、涙を拭うようなそぶりを見せた。

判決によると、なぎさ被告は1月22~24日、勇一郎被告による心愛さんへの暴行を知りながら制止せず、指示を受けて食事を与えないなどし、同被告を助けた。

勇一郎被告は、心愛さんの顔に冷水シャワーを浴びせるなどの暴行を加え、死亡させたとして傷害致死罪などで起訴された。初公判期日は未定で、21日に第1回公判前整理手続きが開かれた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 裁判