三菱重工の控訴棄却=徴用工訴訟で韓国高裁

社会

【ソウル時事】戦時中に徴用され、三菱重工業の工場で作業した韓国人労働者の遺族らが損害賠償を求めた裁判の控訴審で、ソウル高裁は27日、同社の控訴を棄却、慰謝料の支払いを命じた一審判決を支持した。

原告側は声明を発表、「三菱重工業が上告を断念し、直ちに賠償するよう求める」と呼び掛けた。同社関係者は「(判決内容を)確認中」と述べた。

韓国最高裁は昨年11月29日、三菱重工業を相手取った元徴用工らの訴訟2件で同社の上告を棄却し、賠償を命じる判決が確定。それ以降、下級審で敗訴が相次ぎ、遺族らが追加訴訟も起こしている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 裁判 韓国