山下JOC会長が誕生=「責任の重さ痛感」-竹田氏後任、東京五輪控え

スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は27日、東京都内で評議員会と理事会を開き、役員改選で柔道五輪金メダリストの山下泰裕氏(62)を同日付で会長に選出した。2020年東京五輪を翌年に控え、新体制となった。

東京五輪招致の贈賄疑惑でフランス司法当局の捜査対象となった竹田恒和会長(71)は01年からの長期体制だったが、任期満了でこの日退任。山下氏はJOCが日本体育協会(現日本スポーツ協会)から独立後、5人目の会長となった。

山下新会長は記者会見で「責任の重さを痛感している。東京五輪に関わる多くの皆さんと心を一つにして、大会を成功に導いていきたい」と抱負を述べた。

JOC会長に選出され、会見する山下泰裕氏=27日午後、東京都新宿区JOC会長に選出され、会見する山下泰裕氏=27日午後、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 柔道