高島忠夫さん死去=俳優、司会でも活躍、88歳

社会 文化

映画やドラマ、ミュージカルからテレビ番組の司会まで幅広く活躍した俳優の高島忠夫(たかしま・ただお)さんが26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳だった。神戸市出身。葬儀は家族で行った。俳優の高嶋政宏さんと高嶋政伸さんは息子。

大学中退後、新東宝の第1期ニューフェースとして俳優の道へ入り、1952年の映画「恋の応援団長」でデビュー。温和な雰囲気と甘い顔立ちを買われて多くの青春コメディー映画に出演した。歌手として高校時代から米軍のキャンプ回りをしていたキャリアを生かし、「東京シンデレラ娘」などのジャズ映画では雪村いづみさんと共演し、歌うスターとしても売り出した。

61年の新東宝倒産後は「マイ・フェア・レディ」などのミュージカルや、「細うで繁盛記」などテレビドラマに活動の場を移した。

63年、宝塚歌劇団のトップスターだった寿美花代さんと結婚。おしどり夫婦として料理番組の司会を務め、家族全員でCMに出演するなど、芸能一家としてお茶の間に親しまれた。クイズ番組「クイズ・ドレミファドン!」の司会や映画番組「ゴールデン洋画劇場」の解説を長年にわたって務めた。

うつ病のため98年ごろから出演番組を降板したが、2000年代後半にはうつ病啓発活動などで元気な姿を見せていた。

高島忠夫さん高島忠夫さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 訃報 兵庫県 神戸市