不公平見直す必要、安倍首相に伝達=日米安保条約破棄せず-トランプ氏

政治・外交

トランプ米大統領は29日、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)閉幕後に大阪市内で行った記者会見で、日米安全保障条約は「不公平な合意だが、破棄することは全く考えていない」と述べた。その上で、安保条約の片務性を「われわれは見直す必要がある」と安倍晋三首相に伝えたと明言した。

トランプ氏がこの問題に関し、いつ安倍首相とやりとりしたのかは明らかでないが、「過去6カ月の間、この件を彼に話してきた」と説明した。日米首脳は28日に会談している。

トランプ氏は会見で「われわれが攻撃されたとき、もし米国が彼ら(日本)を助けるなら、彼らも米国を助ける必要がある。彼(安倍首相)はそれを分かっているし、異存もないだろう」と語った。

29日、大阪市内で記者会見するトランプ米大統領(AFP時事)29日、大阪市内で記者会見するトランプ米大統領(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 外交 米国