パートナー制度がスタート=「夫婦のように責任感」-茨城

政治・外交

茨城県で1日、性的少数者(LGBT)のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」が始まった。都道府県での導入は初。同性愛者を公表している立憲民主党所属の滑川友理水戸市議(32)は、パートナーの30代女性と共に県庁に宣誓書などを提出。同市議は提出後に記者会見し、「夫婦のように責任感が生まれた」と話した。

滑川市議はパートナーと2年半前から交際しており、現在同居中。同市議は「『ゴールイン』という言葉は一生ないと思っていた。少し経験できた気持ちになれたのは幸せだった」と笑顔を見せた。

茨城県の「パートナーシップ宣誓制度」で、県に宣誓書などを提出する滑川友理水戸市議(左)=1日午後、同県庁茨城県の「パートナーシップ宣誓制度」で、県に宣誓書などを提出する滑川友理水戸市議(左)=1日午後、同県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 水戸市