KDDI・ソフトバンク、5G地方基地局整備へ連携=北海道などで採算検証

経済・ビジネス

携帯電話大手のKDDI(au)とソフトバンクは3日、次世代通信規格「5G」の地方での基地局整備へ連携すると発表した。5Gは遠隔医療や人工知能(AI)を活用した「スマート農業」などの基幹インフラとして期待されるが、利用者の少ない地方での採算性が課題。両社は基地局資産を相互利用し、5Gサービス普及につなげる。

今秋から北海道旭川市、千葉県成田市、広島県福山市で基地局の工期短縮やコスト削減の効果を検証。5Gは現行「4G」に比べ、電波の届く範囲が狭く多くの基地局が必要となるため、設計から施工管理まで効率化を図りながら、各地に広げられるかを検討する。

KDDIとソフトバンクは同業大手の参加について、「要望があれば検討したい」という。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 北海道 中国