アテンザ「マツダ6」に=一部改良し、8月発売

経済・ビジネス

マツダは4日、主力車種「アテンザ」を一部改良し、8月1日に発売すると発表した。車名も海外で使われている「マツダ6(シックス)」に変更する。新たにガソリンターボエンジンを搭載したモデルを追加した。

今回発売するマツダ6はセダンとワゴンの2タイプ。エンジンはガソリンとディーゼルで、排気量2000~2500cc。価格は284万~423万円。40代以上の中高年をターゲットとしている。

同社はブランドイメージを上げるため、現行車の海外名への統一を進めている。5月には小型車「アクセラ」を全面改良し、「マツダ3(スリー)」に変更。今夏には小型車「デミオ」も「マツダ2(ツー)」に改め、一部改良モデルを投入する。

マツダが発売する「マツダ6 25T S Package」。主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外名にした(同社提供)マツダが発売する「マツダ6 25T S Package」。主力車種「アテンザ」を一部改良し、海外名にした(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など