半導体規制に報復検討も=韓国副首相、撤回要求

政治・外交

【ソウル時事】韓国の洪楠基・副首相兼企画財政相は4日、日本政府が発動した韓国対象の半導体材料の輸出管理強化措置について撤回を要求、「撤回しなければ、政府として可能なさまざまな対応、相応する措置を検討する」と述べ、報復の検討も排除しない立場を示した。ラジオ番組で語った。

洪氏は日本政府の措置に関し、「徴用に関する司法府の判断に対し、経済分野で報復する措置だと明白に判断している」と述べ、遺憾を表明した。また、「韓国だけでなく、日本にも被害が及ぶ」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 韓国