アレフなどオウム後継団体一斉立ち入り=松本元死刑囚執行1年で-公安調査庁

社会

オウム真理教の元代表松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚=当時(63)=の刑執行から6日で1年となるのを前に、公安調査庁は5日、全国にある教団の後継団体「Aleph(アレフ)」などの7施設を一斉立ち入り検査した。後継団体は執行後も松本元死刑囚を崇拝しているとみられ、公安当局は立ち入り検査で実態を把握する。一斉検査は週明けも行われる見通し。

公安調査庁によると、5日に立ち入ったのは、北海道や愛知県など6都道府県のアレフの施設と、分派した「ひかりの輪」の東京都世田谷区の本部。東京都足立区にあるアレフの道場には午後2時すぎ、公安庁の職員15人が立ち入り、ひかりの輪にも同時刻ごろ、職員数人が入った。

アレフの施設では、松本元死刑囚の写真が祭壇に飾られ、元死刑囚の説法を収めたDVDが保管されていることが確認されたという。

法務省は昨年7月6日、オウム真理教の一連の事件で死刑が確定した13人のうち、松本元死刑囚と、早川紀代秀=同(68)=、井上嘉浩=同(48)=両元死刑囚ら元幹部6人の刑を一斉執行。同月26日に残る6人の刑を執行した。

関係者によると、松本元死刑囚は執行前、遺体の引き取り先に四女の名を挙げたとされる。四女側は、遺骨を太平洋に散骨する方針を表明したが、信者から攻撃される危険性があるとして、当面は東京拘置所で保管するよう要請。現在も拘置所に置かれている。

一方、松本元死刑囚の他の家族は「(松本元死刑囚が)特定の人を遺体の引き取り人に指定することはあり得ない」として、妻への引き渡しを求める要求書を法相に提出。対立が続いている。

「ひかりの輪」本部に立ち入る公安調査庁の調査官ら=5日午後、東京都世田谷区「ひかりの輪」本部に立ち入る公安調査庁の調査官ら=5日午後、東京都世田谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 警察・治安 宗教