「被害出れば必要な対応」=輸出規制の撤回要求-韓国大統領

政治・外交

【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は8日、日本政府が発動した半導体材料の輸出管理強化について、「韓国企業に被害が実際に発生する場合、わが政府としても必要な対応をせざるを得ない」と対抗措置を取る可能性に言及した。その上で、日本側に措置の撤回と「誠意ある協議」を求めた。首席秘書官・補佐官会議での発言を大統領府が公表した。この問題での文氏の立場表明は初めて。

文氏は席上、輸出規制により「わが国の企業の生産に支障が懸念され、全世界の供給網(サプライチェーン)が脅威にさらされる状況となっている」と指摘。「互恵的な民間企業間の取引を政治的目的で制限しようとする動きを韓国だけでなく全世界が憂慮している」と批判した。

8日、ソウルの韓国大統領府で開いた会議で発言する文在寅大統領(左から2人目)(EPA時事)8日、ソウルの韓国大統領府で開いた会議で発言する文在寅大統領(左から2人目)(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 韓国