対韓輸出規制、撤回協議応じず=週内にも経緯説明-世耕経産相

政治・外交

世耕弘成経済産業相は9日、閣議後の記者会見で、韓国の文在寅大統領が日本の半導体材料の輸出規制強化の撤回と「誠意ある協議」を求めたことについて「協議の対象ではなく、撤回は全く考えていない」と語った。軍事転用可能な品目の管理を徹底するための「日本国内の運用の見直しだ」と主張し、撤回に向けた協議には応じない姿勢を示した。

一方、世耕氏は韓国当局から事実確認の要請を受けたと明かし、「説明することはやぶさかではなく、事務レベルで対応していく」と語った。政府は週内にも韓国当局と意見交換し、規制強化の経緯を説明する。ただ、協議とは位置付けず、輸出管理の徹底を促す意向だ。

世耕氏は「韓国の対応次第で(規制を)拡大する可能性もあるし、緩くすることもあり得る」と述べた。政府は元徴用工問題で関係が悪化した韓国に対し、半導体製造に使うフッ化水素など3品目の輸出管理を厳格化。8月中旬にも追加措置を発動する方向で調整している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商政策 韓国