韓国、WTOで対日批判=輸出規制「政治目的の報復」

政治・外交 経済・ビジネス

【ソウル時事】韓国政府は9日、ジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の理事会で、日本政府による半導体材料の輸出規制強化について、「政治的な目的で行った経済報復」と批判し、撤回を求めた。これに対し日本側はWTOルールに基づく措置と反論し、双方の主張は平行線をたどった。元徴用工問題で関係が悪化した日韓の対立は一段と深まる様相を見せている。

日本政府が4日に対韓輸出規制を厳格化して以降、日韓がWTOの場でそれぞれの立場を表明するのは初めて。韓国側は今後、WTOへの提訴など必要な対応策を講じていく構えで、引き続き輸出規制の問題点を指摘し、国際社会の理解を得て日本政府への圧力を強めていく戦略だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 通商・貿易・対外投資 通商政策 韓国