「漫画村」運営者に逮捕状=著作権法違反容疑-福岡県警など

社会

違法にコピーした漫画を無料で閲覧できる海賊版サイト「漫画村」を運営していたとして、福岡県警などが著作権法違反の疑いで、男(27)の逮捕状を取ったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。男はフィリピンで身柄を拘束されており、日本に送還され次第、逮捕する方針。

県警などは、男がサイト運営の中心的人物で、それ以外にも関与した人物が複数いるとみて実態を詳しく調べる。

漫画村は膨大な数の単行本などを無料で閲覧でき、主に広告料収入で運営されていたとみられる。社団法人「コンテンツ海外流通促進機構」の調査によると、2017年9月からの半年間で、約6億2000万件のアクセスがあった。

漫画村をめぐっては政府が昨年4月、他の2サイトと共に、著作権法違反の悪質な事例として明示。サイトへの接続を自主的に遮断するようインターネット接続業者に要請し、サイトは閉鎖されていた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 フィリピン