営業力強化へタッグ=横浜銀と千葉銀が業務提携

経済・ビジネス

横浜銀行と千葉銀行は10日、業務提携で基本合意したと発表した。個人・法人向けサービスで連携を進め、営業力を強化する。横浜銀は総資産で地銀首位、千葉銀は3位。長引く低金利などで地銀の収益環境は厳しさを増しており、上位行も例外ではない。両行は提携に踏み切ることで持続的な成長につなげる考え。今回の提携は地銀の再編や連携の呼び水になる可能性がある。

横浜銀の大矢恭好頭取は同日、東京都内で記者会見し、「両行が協力することで、情報やサービスの質・量で顧客に貢献できる」と述べ、提携の意義を強調。顧客支援を通じて「3桁億円の(増収)効果を実現したい」と意気込みを示した。千葉銀の佐久間英利頭取は「地銀連携の先進モデルになるよう速やかに具体化し、成果に結び付けたい」と語った。

法人向けではM&A(合併・買収)や事業承継で企業を支援するほか、協調融資で連携する。海外拠点の相互活用も検討する。個人向けでは相続に関するビジネスを推進。人材育成や交流でも協力する。両行は協議会を設置して幅広い連携について詳細を詰める。

将来の経営統合について両頭取は「今のところは考えていない」(佐久間氏)、「現段階で言えることはない」(大矢氏)と述べるにとどめた。

両頭取は、千葉銀と提携関係にあり、埼玉県を地盤とする武蔵野銀行を含む協業について「検討したい」(佐久間氏)と前向きな考えを示した。一方、横浜銀と同じコンコルディア・フィナンシャルグループ傘下の東日本銀行は今回の提携に合流しなかった。

握手する横浜銀行の大矢恭好頭取(左)と千葉銀行の佐久間英利頭取=10日午後、東京都中央区握手する横浜銀行の大矢恭好頭取(左)と千葉銀行の佐久間英利頭取=10日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 提携・合併・買収 埼玉県 東京都 神奈川県