セブン、沖縄に初出店=14カ所同時、全都道府県で展開

経済・ビジネス

セブン-イレブン・ジャパンは11日、沖縄県に初めて店舗を開設し、全都道府県への出店が実現した。同社は5年以内に沖縄本島で約250店を展開する方針。ローソンやファミリーマートは既に、沖縄にそれぞれ200店超、300店超を構えており、コンビニ大手3社の競争が激化しそうだ。

開店した那覇市の店舗では、運営子会社でセブン-イレブン・沖縄の久鍋研二社長が「沖縄のお客さま、お待たせしました」とあいさつすると、待っていた約200人の客が店内に入っていった。

セブンにとって、2015年10月の鳥取県進出以来、沖縄が唯一の「空白県」となっていた。11日は那覇市内など本島で14店が同時にオープンした。豚肉やゴーヤーを炒めた「ゴーヤーチャンプルー丼」(496円)や、沖縄の炊き込みご飯「じゅーしーごはん」(270円)など地元限定の商品も販売する。

流通業は沖縄でも深刻な人手不足に陥っている。セブンはこのため、弁当やおにぎりを並べやすいスライド式の商品棚を導入することなどで、作業効率を高める考え。

沖縄県に初出店した店舗前でテープカットするセブン―イレブン・沖縄の久鍋研二社長(左端)とセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹会長(右端)ら=11日午前、那覇市沖縄県に初出店した店舗前でテープカットするセブン―イレブン・沖縄の久鍋研二社長(左端)とセブン―イレブン・ジャパンの古屋一樹会長(右端)ら=11日午前、那覇市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 支社・支店 中国 沖縄