パナソニック、五輪受注2000億円超す=8分野で新規事業

経済・ビジネス

パナソニックは11日、2020年東京五輪・パラリンピックの関連事業の受注が2000億円を超える見通しとなったことを明らかにした。当初は15年度から20年度までの累計で1500億円の売上高を目指していたが、関連需要が大きく伸びるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 受注