中国人店員、新たに逮捕=セブンペイ悪用で窃盗容疑-警視庁

社会

スマートフォン決済サービス「セブンペイ」の不正利用事件で、他人のアカウントを使って商品を購入したとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は12日、窃盗容疑で、セブン-イレブン店員の中国人留学生ユー・ホイリン容疑者(21)=東京都豊島区巣鴨=を新たに逮捕した。容疑を認めているという。一連の事件の逮捕者は3人目。

逮捕容疑は4日午後10時~5日午前0時45分ごろ、東京都千代田区内にあるアルバイト先のセブン-イレブン店舗で、都内に住む40代男性のセブンペイのアカウントを使い、計約3万円分の電子たばこなどを購入した疑い。

同隊によると、ユー容疑者の中国人の友人から3日、中国のインターネット交流サイト(SNS)「微信(ウェイシン)」を通じ、「お金をあげるからセブンペイでたばこを買うのを手伝って」と連絡があり、IDとパスワードが送られてきたという。同容疑者は「友人には宅配便で商品を送るつもりだった」と供述している。

身に覚えのない取引に気付いた男性が5日、店に連絡して不正が発覚。店内の防犯カメラの映像などから、勤務中だったユー容疑者が関与した疑いが浮上した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 中国