第2滑走路建設は必要=発着回数、旅客増目指す-中部空港社長

経済・ビジネス

中部国際空港(愛知県常滑市)の犬塚力社長はこのほどインタビューに応じ、愛知県など地元自治体を中心に要望が高まっている第2滑走路建設について「長い目で見て、2本目は必要だ」と述べた。まずは、新滑走路が求められるよう「空港の実力を付けたい」と話し、航空機の発着回数増や旅客増に取り組む考えを示した。

インタビューに答える中部国際空港の犬塚力社長=8日午前、愛知県常滑市インタビューに答える中部国際空港の犬塚力社長=8日午前、愛知県常滑市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 東海