地方税収、過去最高42兆円=18年度決算見込み額-総務省

政治・外交

総務省は12日、2018年度の地方税収決算見込み額(速報値)を発表した。地方法人特別譲与税を合わせた実質的な税収は前年度決算比2.6%増の41兆9563億円と、過去最高を2年連続で更新した。企業業績の増益を背景に、法人2税(法人事業税、法人住民税)が大きく伸びたことが影響した。

地方税のうち、個人住民税は給与所得の増加に伴い、0.9%増の12兆9388億円。法人2税は8.0%増の6兆7527億円で、自治体間の税収格差を是正するための地方法人特別譲与税を合わせた額は、9.2%増の8兆8392億円だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政