輸出規制、撤回を要請=日本側説明を否定-韓国当局者

政治・外交

【ソウル時事】韓国向け輸出規制強化をめぐり、東京での事務レベル会合に出席した韓国政府当局者は13日、羽田空港で記者団に対し、「措置に対する遺憾を表明し、原状回復、つまり撤回を要請した」と述べ、撤回要請はなかったとする日本側の説明を否定した。聯合ニュースが伝えた。日本側は会合後、韓国側から撤回を求める発言はなかったと明らかにしていた。

また、会合に出席した別の当局者は、日本側が規制措置を「世界貿易機関(WTO)協定には違反せず、(元徴用工問題などへの)対抗措置でもない」と説明したことについて、「理解も納得も同意もできない」と強く反論。韓国側が反発を示したことで、輸出規制をめぐる日韓の隔たりはさらに深まりそうだ。

12日、東京都内の経済産業省で行われた日本の韓国向け輸出管理についての日韓事務レベル会合(手前が日本側、代表撮影)12日、東京都内の経済産業省で行われた日本の韓国向け輸出管理についての日韓事務レベル会合(手前が日本側、代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 通商政策 韓国