かんぽ、全契約者の意向確認へ=2900万件、保険料返還も

経済・ビジネス 政治・外交

かんぽ生命保険の不正販売問題で、同社と販売を受託している日本郵便は15日、約2900万件に上る全契約について、契約内容が顧客の希望に合っているかどうかを確認する方針を明らかにした。顧客から意に沿わないとの申し出があれば、契約時の状況を確認した上で、保険料の返還などに応じる。

かんぽ生命の個人向け保険は全国約2万の郵便局で販売している。かんぽ生命と日本郵便はホームページで「契約内容の確認などを行う」と言及。書面や電話で顧客の意向も併せて確認するほか、必要に応じて郵便局員が直接訪問し、契約時の状況などを聞く考えだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 郵政 消費者対策