白川氏、金融危機「言葉失う」=異例対応も批判に苦悩-09年1~6月の日銀議事録

政治・外交

日銀は16日、2009年1~6月に開いた金融政策決定会合の議事録を公表した。前年9月に発生したリーマン・ショックが実体経済に波及、国内総生産(GDP)は急激に落ち込んだ。白川方明総裁(以下、肩書は当時)は、09年2月19日の会合で「もう言葉を失いそうな悪い数字」と嘆いた。日銀は異例の危機対応策を決定していたが、金融市場では米国に比べ「出遅れている」との批判が強まり、政策委員らは苦悩をにじませた。

2月会合直前に発表された08年10~12月期の実質GDP速報値は、年率換算で前期比12.7%の大幅減。生産や輸出が急速に悪化し、政策委員は「戦後最悪の世界同時不況」(中村清次審議委員)、「デフレスパイラルに陥る可能性」(山口広秀副総裁)などと口々に危機感を訴えた。

日銀は08年に政策金利を0.5%から0.1%へ順次引き下げたのに続き、1月会合でコマーシャルペーパー(CP)を購入する異例の金融政策を決定。2月会合でも、「欧米以上の景気悪化を余儀なくされている」(亀崎英敏審議委員)として社債購入にまで踏み込んだ。

米連邦準備制度理事会(FRB)の大幅な金融緩和を背景にした円高が進んだこともあり、日銀批判は根強かった。白川総裁は「FRBは迅速で日銀はスピード感に欠けるという言われ方は、いろいろな意味でまずい」と焦りをのぞかせた。

3月10日に終値でバブル後最安値7054円98銭を付けた日経平均株価はその後、反転し上昇。しかし、09年後半には円高が再燃し、日銀は12月の臨時会合で追加緩和に追い込まれた。

記者会見する日銀の白川方明総裁(当時)=2009年2月、日銀本店記者会見する日銀の白川方明総裁(当時)=2009年2月、日銀本店

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融政策 米国