三菱重、原告側と協議せず=近く資産売却申請へ-韓国徴用工訴訟

政治・外交 社会

【ソウル時事】韓国最高裁が三菱重工業に元徴用工らへの賠償を命じた訴訟をめぐり、原告側は16日、賠償問題解決に向けた協議要請に同社が期限の15日までに応じなかったと発表した。原告側は「遺憾」の意を示した上で、元徴用工が高齢化していることを理由に、差し押さえた同社資産について、「近いうちに売却命令申請を行う」と表明した。

申請されれば、日本政府による半導体材料の輸出管理強化で非難の応酬が続く日韓関係の対立が一層深まる見通しだ。

原告側は同社に対し、「判決や強制執行によって(賠償問題を)完全に解決するのは困難だ」として、今月15日までに協議に応じるよう要請。期限までに応じなかった場合、「追加的な法的措置」を取る考えを示していた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 裁判 韓国